タイトル

社長はネクタイ和柄

ネクタイには、おしゃれなものもたくさんあります。しかし、より自分らしさを出すというのでしたら、あまり人が選ばない柄を選んでみるというのも面白いかもしれません。 おしゃれな社長さんでしたら、和柄のネクタイなんていうのはどうでしょうか。 やはり、一般的にはスーツに合わせるネクタイというのはシンプルであったり好感度を重視して選んだりしがちです。 しかし、柄物、しかも和柄となりますとかなりインパクトもありますし、おしゃれにこだわっているんだという印象を与えることができます。 平社員がしてしまいますと、社風ということにも影響してしまいますし、少し避けたいことかもしれませんが、社長となれば自由化と思いますので、自分らしさあふれるものを選ぶことをおすすめします。 他の社員にはあまりできないことかもしれませんが、和柄というのはインパクトを与えつつ、どこかこだわりがあっておしゃれであるというイメージもありますので、とてもおすすめです。

ネクタイの巻き方など

ネクタイには巻き方には種類があります。とても多くの人が使用するのが「プレーンノット」と呼ばれる結び方です。
簡単かつ、着脱によるネクタイへの損傷も少ないため、仕事など常用する方には向いています。
「ダブルノット」と呼ばれる結び方は、プレーンノットに一手間加えた形となりますが、見た目としても結び目にボリュームが少し持たせられるため品よく仕上がります。カジュアルな巻き方よりも少しランクアップしたいときに使用すると良いです。
現在は男性にとって生活の一部である方も多いと思います。仕事や冠婚葬祭、ドレスアップしたいときなど様々なシチュエーションで使用されることが多いです。
2014年の傾向としてはタイ幅は8センチで、人気のカラーとしてはネイビーや赤、黄色系はもちろん、紫系といった色もシックな印象をもたらしてくれるため人気となっています。スーツだけでは大きな印象はなかなかかえられませんが、タイの結び方やカラーで印象を変えられます。
カラーに関してももちろんそうですが、柄もまた印象を変えるポイントだと感じます。「ストライプ」はスーツを持つ男性が必ず1本は持っているといっても過言ではないほど主流な柄だと思います。すっきりした印象になるため、若い方でも使用しやすい柄です。
また、他にもチェック柄、春夏などに使用しやすい印象のドット柄、渋めの印象に見える小紋柄などもスーツを常用されている方には欠かせない柄です。
結び方にカラーや柄、タイ幅とたくさんの組み合わせがあるネクタイですので、毎日選ぶことも楽しみの一つです。

pickup

iPhone 修理 池袋
http://www.iphonedr.jp/
ベンツ 修理
http://www.motor-forme.com/
おしゃれなステンドグラスランプ
http://nossa.jpn.com/jp/

2016/2/19 更新